投資物件

札幌資産運用TOP 投資物件 > 購入時の流れ

購入時の流れ

不動産を購入するには、いろいろな知っておきたい知識などがあります。購入の流れを知ることはその始まりと言えるでしょう。
基本的な手続き自体は一般的な住宅購入と同じところもありますが、賃貸アパート・マンション購入の場合、物件の選び方やローンの種類・組み方から違いが出てきます。何より重要なのは『経営』が携わってくるということです。
賃貸アパート・マンション購入の流れを身に付け、よりスムーズな、そしてより良い物件購入の実現を目指しましょう。
アパート経営をしたいと思ったら、まずは情報の収集
購入時の流れ
不動産情報誌・新聞・チラシ・ホームページなどで情報を集めます。
当社営業担当と情報交換&ポイント整理
ご購入の目的・希望の条件やお考えを整理することが物件を探す第一歩です。
お客様の目的・条件を理解しアドバイスやご不明点の解決方法のご提案を致します。
ポイント
物件の確認と決定
物件の確認と決定
自らの目で確認していただきます。「一般住宅」との違いは、「実用性」を重視すること。あくまで事業なので見方もデジタルに!
お申し込みは、具体的な購入の第一歩です。
購入の意思が決まりましたら、条件などを記入し、書面にて購入の申し込みをいたします。
契約
契約
購入の申込書を基に、購入条件、代金支払条件、物件の引渡し時期などを当社の担当者を通して売主と調整・交渉を行います。
契約条件などの諸条件の合意が出来ましたら、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けた上で「契約」となります。
ここで、手付金(売買代金の一部に充当)等が発生します。
契約
融資手続き~決済
融資を利用する場合は、その打診も含め手続きは実際には契約前から始まっています。
本人が揃えなくてはならない書類(住民票、印鑑証明等)や申込み以外については担当者が走ります。
各金融機関のご紹介・斡旋もお手伝いしております。(金融機関との提携ローンもご用意しております。)
融資の承認が降りましたら、金融機関とお客様との間でローン契約(金銭消費貸借契約)を締結します。ここまで来たらあともう少しです。
代金の支払と物件の引渡し(決済)に向けて担当者がお客様との打ち合わせから各関係者への連絡・確認に走ります。
融資手続き~決済
管理委託
管理委託をご希望の方は、この時期までの間に「管理会社」と打合せを行うと良いでしょう。 「管理会社」はアパート経営において非常に便利なパートナーです。入居率の安定、複数棟の経営をお考えの方ほど、利用されることをお勧めします。担当者にご用命ください。
決済・引渡後
残代金の決済(支払い)を行い、引渡しを受けます。ここで初めて所有権が移り、オーナーライフが始まります。
決済・引渡し後
司法書士
あらゆる登記を売主・買主・銀行の代わりに代行します。
そのため一般的に融資があると「銀行指定」の司法書士が行います。
管理会社
売主よりカギ引渡し、各条件書類等の引継ぎをオーナーに代わって行います。オーナー様に代わって、賃貸業における日々の業務を代行致します。
保険会社
購入するアパートに保険を掛けます。建物やアパート経営の保全を図る上で重要になります。どのような保険にどれくらい入っておくべきかご相談下さい。 尚、融資があると期間や掛け金を金融機関に指定され「質権設定」がされることもあります。
※様々な役割の方が集まる「決済・引渡し」ですが、全てにおいての 段取りは担当者が行います
保険会社
税務相談
アパート経営が始まると、毎年確定申告のことも考えておかなければいけません。青色事業者申告、法人等事業など内容は様々です。
当社では提携の税理士と連携し、お客様のご相談をお受けしております。
不動産取得税
契約・決済。引渡し。事業開始手続き等が終わり、ホッとした時に来るのが「不動産取得税」です。
当社では購入前の打合せの時点で「購入諸費用」の中に予算額を折り込んであります。決算時には余りが出ても、プールしておきましょう。
不動産投資のこと、相談してみませんか?
011-622-4555
事業用不動産課の紹介はこちら
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム