投資物件

札幌資産運用TOP 投資物件 > 融資/諸経費について

融資/諸経費について

アパート・賃貸マンションを購入する際は金融機関から融資を活用するのが一般的ですが、その場合に注意することは、住宅ローンとの違いです。基本的にはアパート・賃貸マンション購入の融資には住宅ローンは使えません。使える融資はアパートローンや、事業用ローンです。
アパートローンとは?
アパートローン融資審査基準の3大要素
事業性、担保評価、借入者属性
アパートローンの場合には、上記が融資の審査及び実行の3大要素となります。これらの要素をある一定の基準のもと総合的に判断し、融資の可否や融資可能額を決定されます。
※ 自己資金として現金の他に保有資産を活用することも可能です。詳しくは、担当者におたずねください。
賃貸アパート・マンション購入時の資金計画例
シミュレーション例はこちら
アパートローンと住宅ローンとの違いとその特徴
返済原資の違い
住宅ローンは給与所得などの収入が返済原資になりますが、アパートローンは購入した物件からの賃貸収入などが返済原資という考え方が基本となります。
したがって、返済可能かどうかの判断が住宅ローンの場合は本人属性、アパートローンの場合は物件属性という考え方が基本となるのです。
アパートローンと住宅ローンは同種!?
住宅ローンとアパートローンは同じ不動産ローンの一種・・・ではありますが、その審査内容や審査方法から違いが見えてきます。返済原資が給与所得中心ということは、マイカーローンや教育ローンなど生活上必要とする費用の借入ということから生活用ローンの一種であるとも考えられます。しかし、アパートローンは返済原資が賃貸収入中心であり、その収入はアパート経営が成り立つかという審査のもと行なわれていることから経営を基盤としたローン、事業用ローンの一種であるともいえます。同じ不動産を対象としたローンでありながら、生活と事業といった違いから金融機関の融資スタンスの違いが生まれています。
アパートローンはオーダーメイド?
住宅ローンは、かなり商品化が進んだ商品となっています。各金融機関でもそれほど大きな差が無い状況となっており、一定項目でパターン化されている既製品に近い商品といえます。それに対しアパートローンは対象となる物件や借入者の属性などにより審査される項目も多岐に渡り、その取り扱いや考え方も様々です。審査期間も住宅ローンは一般的に2~3日で融資結果が出る(早ければ1日!?)のに対し、アパートローンは2~3週間から1ヶ月近く(早くても1週間ほど)かかることも多く、また、その取り扱いも様々な事情により金融機関によって違いが出てきます。

不動産投資物件の購入に関する知識や、購入までの流れをご紹介いたします。

詳細情報

賃貸アパート・マンションを購入の際に必要な金融機関からの融資についてご紹介いたします。

詳細情報

お客様からよくいただくご質問をご紹介いたします。ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

詳細情報
不動産投資のこと、相談してみませんか?
011-622-4555
事業用不動産課の紹介はこちら
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム