投資物件

札幌資産運用TOP 投資物件  >  不動産のQ&A

不動産のQ&A

  • 費用やお金について
  • 査定について
資金について

自己資金が少ないのですが購入できますか?
購入する際に準備しておきたい自己資金は、物件の購入に充当する頭金と諸費用です。
住宅ローンは物件価格の80%~90%程度が融資額の上限ですが、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローン等の利用ができる場合もあります。当社では、資金計画のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

購入時の諸費用はどのくらい掛かりますか?
売買代金以外にかかる諸費用としては、
①印紙税
②登録免許税
③不動産取得税等の税金
④ローンを利用する場合の事務手数料・保証料・保険料など、
⑤仲介手数料
などがあげられます。一般的に売買代金の8%~10%ほどかかりますので、準備が必要です。

手付金はいくら位必要ですか?
手付金は売買価格の10%を売主様に支払うケースが一般的です。手付金を10%以下に設定することは可能ですが、契約を解除したい時に手付金を放棄することで無条件で契約を解除することができるという性質上、売主様、買主様の双方にとって望ましくありません。
中古物件購入について

中古物件の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらの負担でしょうか?
中古住宅の売買は現況引渡しのケースが一般的です。リフォームはご購入後、買主様のご負担となります。

価格交渉はできますか?
価格も含めた契約条件は売主様と買主様との間で、調整を行います。その際には条件を調整する中で、販売価格から価格交渉ができることもあります。

金融機関より融資の承認が得られなかった場合は契約を解除できますか?
金融機関との融資承認の最終予定日までに、融資の全部または一部について承認を得られないときは、予め決めた解除期日迄は契約解除可能な特約付きで契約することが出来ます。

他社で広告されている物件は、掲載されている業者へ問合わせしなければなりませんか?
他社で取り扱っている不動産物件も同じ条件でお取り扱いできます。紙面・インターネットで気になる物件がございましたら、担当者へご相談ください。

物件で事故・事件があったら教えてもらえるのですか?
仲介する不動産業者は契約前に売主・管理会社等に調査し、自殺等の事故物件であったことを告知する責任があります。これは判例には出ておりますが、法律には定められていません。その為、不動産業者が知ることのできなかった正当な理由があった時や、自殺等事故の時期・内容によっては一概に告知できないことがあります。

不動産投資物件の購入に関する知識や、購入までの流れをご紹介いたします。

詳細情報

賃貸アパート・マンションを購入の際に必要な金融機関からの融資についてご紹介いたします。

詳細情報

お客様からよくいただくご質問をご紹介いたします。ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

詳細情報
不動産投資のこと、相談してみませんか?
011-622-4555
事業用不動産課の紹介はこちら
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム