物件の売却について

札幌資産運用TOP  >  物件の売却について  >  売却時の流れ

売却時の流れについて

賃貸アパート・マンションの売却には、土地建物の売却だけではなく入居者との賃貸借契約も関係してまいります。 下記の売却の流れに沿って、よりスムーズな、そしてより良い物件売却を一緒に目指しましょう。

売却時の流れ

ご売却を考えられたお客様の動機やご希望、物件状況などについてお伺いさせて頂きます。 不動産の売却には、法律・税金に関することや経費のことなど専門的な知識が必要となります。 当社では提携の弁護士・税理士などとも協力し、様々な情報提供、適正な売却価格の査定などアドバイスをさせて頂きます。

売却のご相談

収益物件の場合には賃貸市況や状況などの経営面も重要になります。
現地の確認や役所関係での法的な調査はもちろん、賃貸経営面での近隣のデータや類似データの収集などから適切な査定の為の調査を行い、適切な査定価格の算出を致します。
豊富な市場データによる流通性も加味した賃貸アパート・マンション専門担当ならではのご提案を致します。
『※無料査定サービス』

売却不動産の調査

不動産査定書を基に、検討・打ち合わせの上、正式に売却を決められた際には、売却に関する媒介契約の締結へと進みます。
売却に関する媒介契約とは不動産業者へ売却の仲介を依頼する際に締結する契約書のことをいいます。媒介契約書は3種類有り、活動内容がそれぞれ異なります。

媒介契約書の種類

  • ・専属専任媒介契約
  • ・専任媒介契約
  • ・一般媒介契約
どの契約形態が望ましいのかは、お客様それぞれです。内容を確認の上、契約形態を選択しましょう。

インターネットや新聞広告などを利用し、幅広い広告活動を展開していきます。
また当社ならではの『イエイエパーク』の活用や継続した広告活動による幅広いお客様層で販売活動を積極的に展開してまいります。
お問い合わせのお客様には現地案内から融資斡旋までをサポートし、より良い物件売却の為の活動を行なってまいります。
また売却活動と合わせまして、どのくらいのお問合わせがあったのか、どのような状況なのかなど定期的な販売活動についてのご報告をいたします。

購入希望者より正式に購入の意思表示がありましたら購入の申込書を頂き、その申込書をもとに、売却条件、代金支払条件、物件の引渡し時期などを当社の担当者を通して買主と調整・交渉を行います。

契約条件などの諸条件の合意が出来ましたら、「契約」となります。

売却活動と契約

抵当権などの設定がある場合には金融機関との抹消登記手続きや司法書士の手配、管理会社を利用している場合には管理会社との手続きなどの不動産の引渡し準備を行ないます。
その他、精算金に関する手配から総合的にサポートさせて頂きます。

不動産引渡しの準備

売買代金の受領や精算金の授受、抵当権抹消登記・所有権移転登記などを行ない、不動産の引渡しを行います。

売買代金の受領・物件の引渡し

不動産売買のこと、相談してみませんか?
011-622-4555
事業用不動産課の紹介はこちら
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム