物件の売却について

札幌資産運用TOP  >  物件の売却について  >  売却時の気になるQ&A

売却時の気になるQ&A

  • 費用やお金について
  • 査定について
  • 売却時の手続きについて
  • 契約について

費用やお金について

売却するために必要な諸経費にはどんなものがありますか?
主なところでは、仲介手数料や抵当権の抹消費用、契約書に貼付する印紙税などが必要となります。
また、売却によって譲渡益が発生するケースでは、所得税等がかかる場合がございます。
詳細は、当社スタッフまでご相談下さい。

売却にかかわる税金なども教えてもらえますか?
制度の説明など、一般的な内容については営業担当者でもお答えすることが可能です。
個別ケースについての詳細なご相談は、当社スタッフまでご相談下さい。

売却することをやめたら、手数料は支払うのでしょうか?
手数料はあくまで成功報酬ですので、ご売却が成立しない場合にお支払いいただくことはございません。

査定について

売却を決めないと価格査定は行えないのでしょうか?
売却が決まっていなくても問題ございません。
査定した価格を参考にしてご売却のご決定をすることもできますので、お気軽にご相談ください。

物件の査定にはいくらぐらいかかりますか?

査定に関しては無料です。お気軽にご相談ください。

査定金額で売り出さなければいけないのでしょうか?
必ずしも査定価格である必要はございません。
しかし査定価格は、不動産取引のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウをもとに適正と思われる価格を算出したものです。
査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要し、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもございます。
売りに出される金額は、担当者とよくご相談の上決められることをお勧めします。

売り出し価格はどのように決めるのでしょうか?
査定価格を基に、お客様のご事情に合わせた売却プランをご提案させていただき、
最終的にはお客様にご判断いただきます。

売却時の手続きについて

売却するために必要な手続きはどうしたらよいでしょうか?
国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づき、売り出し価格・売却活動期間などを
記載した媒介契約を、お客様と当社との間で締結していただきます。
また、売主様が知っているご売却不動産の状況や買主様に引渡す設備の状態等について
「物件状況等報告書」と「設備表」にご記入いただきます。
なお、売主様ご本人様であることを確認するため、
権利証または登記識別情報通知書の確認をさせていただき、本人確認手続きを取らせていただきます。

代理人でも手続きできるのでしょうか?
代理人でも手続きは可能です。
ただし、委任状などの書類が必要となりますので、営業担当者へお尋ねください。

権利証を紛失した場合、どうすれば良いのでしょうか?
権利証を紛失した場合でも一定の手続きをすることにより問題なく売却することができます。ただし、
手続きは司法書士等に依頼しますので、できるだけ早めに営業担当者へ ご相談ください。

契約について

重要事項説明ってどんなものでしょうか?
宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取引主任者が、契約が成立するまでの間に、
売主様・買主様に対して売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが
義務付けられています。 スミタスでは、宅地建物取引主任者の資格を持った営業担当が、
所定事項が全て記載された「重要事項説明書」でじっくりご説明いたします。
詳細は、当社スタッフまでお問い合わせ願います。

不動産売買契約ではどのような手続きを行うのでしょうか?
スミタスでは、売主様・買主様双方にとって公平・公正・安心・安全な取引を行うため、売買契約書の読み合わせ及びご説明を行います。
売買契約書には、売買契約が成立した際に売主様と買主様がしなければならない約束事、例えば売主様の所有権移転、引渡しなどや買主様の売買代金の支払い義務、これらの義務を怠って契約が解除になった際の手付金の放棄や違約金の支払いなどの明確な取り決めなどが記載されています。また、売主様・買主様双方がご納得・ご理解いただいた後に、手付金の授受を行います。

媒介契約の種類による違いはなんでしょうか?
媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。
詳細は当社スタッフまでお問い合わせ願います。
不動産売買のこと、相談してみませんか?
011-622-4555
事業用不動産課の紹介はこちら
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム